読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の時刻

荻サカエの雑文置き場です。

ベランダの花々の近況

植物

 近所の人がこの週末、冬の間ずっと家の中で大事に育ててきたらしい鉢植えを表に出してせっせと水やりしてらした。つやつやと元気そうに輝くご近所さん宅の植物たち。尊敬。そして一抹の嫉妬。うちのベランダは二勝二敗。

f:id:hitsujioclock:20170305182212j:plain

 変わらず元気なプリ村さん。酷寒の一月と二月のあいだ明るい色の花で毎朝毎夕私を元気づけてくれたプリ村さん。初めてちゃんと付き合った鉢花がプリムラジュリアンで本当に良かったと思う。私に一切苦労をかけず、楽しい思い出ばかりを毎日くれる。

 

f:id:hitsujioclock:20170305182434j:plain

 灰色カビ病かも、と涙目でブログに書いて以後、これと言ってあからさまな異変は現れていないゼラニウム・ゾナル。咲かないままで萎れてしまう蕾がちらほらあるものの葉は健康。咲いている花に白い斑がちょっと入ってるからやっぱり罹患してはいるのだろうけど、あったかくなるにつれて日々元気になってゆくらしいゼラニウムの生命力と松本のカラッとした陽気がタッグを組んで病魔を駆逐しつつあるみたいだ。と言うわけで、今のところまだ薬は使っていない。今後に備えて近いうちにベニカXファインスプレーとゴーグルを買って来るつもりではある。

 で、「二敗」の内訳。チューリップ3球植えとヒヤシンス3球植えを処分した。と言ってもヒヤシンスは3球とも一番花は全うさせたから「負け」と言うほどでもないかも。二番花を待っていたら夜の冷え込みと(夜もベランダに出していた)昼間の室外機の熱とで(ヒヤシンスがうちに居たのはフラワースタンドが来る前のこと)根っこと葉っぱがやられてしまって栽培終了。ヒヤシンス、香り高くて丈夫で良い花だった。また来年。

 そしてチューリップはと言うと、ここ二週間ほど全く生長の兆候が見られなかったので、これはおそらくこのまま育てていても花は咲かないだろうと判断してお別れした。買って来たばかりの頃、鉢に植え替えようとしてポットから出したところ買って来た4号プラ鉢には根鉢が納まりきらないことが判明し(深さが足りなかった)しかたなく元のポットに戻したのだけどその時に根が傷んだんだろうか。あるいは室外機の上に置いていた頃に暑さで根が煮えたのか。それともやっぱりポットの中では窮屈すぎて根詰まりを起こしていたのか、はたまた寒さがキツすぎて育つのがイヤになったのか。チューリップなんてそこいらじゅうに植わってるし安いし、きっと簡単なんだろうと思っていたけどそんなことは無かった。春なのにチューリップが見られないのは寂しい。切り花買って来るか。

 

 昨日ふと思い立って日中のベランダの温度を測定してみた。家の中でいつも使っている据え置き型の温湿度計をまずはフラワースタンドに直に置いて測定。すると針がぐんぐんと右に動いて、「36℃」でやっと止まった。驚愕。真夏か。

 いくらなんでもこの数値は無い、フラワースタンドに直接置いたから正確な温度になってないのだろうと考えて、直射日光の下温度計を手に持ってしばらくぼーっと突っ立って待ってみた。今度の結果は「26℃(くらい。飽きて早々にベランダから撤退した)」。それでもやっぱり驚きの数値だ。天気予報だと昨日の最高気温は11℃とかそのくらいだったはず。百葉箱と日向のベランダの温度ってそんなにも違うものなのか。

 日中温度が26℃にもなる今のこのベランダでの植物の世話は果たして「春」のやり方でいいのか、それとも「初夏」に準ずるべきなのか。最低気温は零下5℃とかなんだからまだ「冬」なのか。答えは風に吹かれている。毎日植物たちの様子に直接尋ねるしか無い。

f:id:hitsujioclock:20170305185844j:plain

 肥料ももらわないで力強く咲くオオイヌノフグリ。別名天人唐草(山岸凉子ファンなら誰しもこっちの名前で呼ぶだろう)。松本で桜が咲くのは四月の半ばらしいけど、この花を見たら藤原家隆の和歌を思い出した。《花をのみ待つらむ人に山里の雪間の草の春を見せばや

 

 

松本市はラナンキュラスの名産地

植物

らしい。朝のニュースで知った確かにラナンキュラス、このところ駅前の小さめの花屋さんにも切り花・鉢花常に取り揃えられてるしホームセンターにも安くたくさん仕入れられている。ラナンキュラスは結構難しいらしいからぐっと我慢してるけど、ご当地なんだったらひと鉢くらい行っときたい気もする。けどなあ。あんなに大きな花となると家人の反応が心配だ。

 松本市は街中に「花いっぱい運動」の石碑が建ってるだけあって園芸が実に盛んな町。台風が来ないから園芸がやりやすいのかな、と個人的に勝手に想像しているのだけど本当の理由は知らない。晴れの日が多いからかも。こんな町に住んでたらそりゃあ私だって園芸デビューしてしまう。

https://www.instagram.com/p/BLAwZqQDagO/

最近よく見る蝶。写真撮り終えるまでポーズ決めて待っててくれた。ツマグロヒョウモン? #butterfly #s7000 #nikon #indianfritillary #蝶 #insectagram

 去年の十月一日に千歳橋にぶら下がってたハンギングバスケットを撮った写真。今はどこも冬枯れだけど、そのうちまた町じゅうに花が溢れ始めるはず。

灰色カビ病かも。

植物

 ゼラニウムにどうもそれっぽい葉がちらほらと。カビが生えたみたいになってる葉が土に落ちてしまってるのを見つけてあわてて拾ったけど、土に落ちていたということは土も汚染されたということ。困った。

 灰色カビ病に罹った植物を救うのは簡単なことではないらしい。とは言え、まだ株全体を見れば元気そうだし、もしかしたら治せるかもしれない。何もしないで見捨てるのはまだ早いと思いたい。以下、来月になったら買うものリスト。

  • メガネの上からかけられる防護ゴーグル(JIS T-8147規格品)
  • 農薬散布用マスク
  • ベニカXファインスプレー

 で、ベニカXで治らなかったら、

  • ベンレート水和剤
  • ダイン
  • フルプラダイヤスプレースウィング

 ここまでやってもダメかもしれないけど、こういう薬やら道具類はこの先どんな植物を世話するときにもお世話になるはずのもの。園芸やめるつもりが無いんだったら買っとくべきだろう。

  • オルトラン粒剤
  • じょうろ

 このへんもそろそろ買わなきゃだ。来月は植物増やす余裕は無いかも。 

 しかし私はまだ初心者だし、下手に頑張って結局失敗して心にキズを負うよりもベニカXでダメだったらその時点で諦めたほうがいいのかもしれない。癒やされるためにやってる趣味で疲れてばかりじゃ意味が無い。次からはもうちょっと植物のことを事前に調べて、季節に合った花を買おう。

新兵器導入

植物

 園芸の道を歩み始めてそろそろ二ヶ月。フラワースタンドを買った。

https://www.instagram.com/p/BQ7eQbfhsOT/

冬はエアコン使わないから(寒すぎて全然効かない)ずっと室外機を鉢置き場にしていたのだけど、昨日の陽気でプリ村さんがへばってしまった。金属製の室外機は春の陽射しに暖められるとかなり熱くなるらしい、と気づいて急遽フラワースタンドを購入。鉢の下を風が吹き抜けて気持ちいいのか今日はどの鉢も調子良さげ。#flowerstagram #geranium #primrose #tulips #園芸部 #ゼラニウム #プリムラ #チューリップ

 室外機の上に置いてた時には「鉢が三つある」と言うだけの光景だったのに、こうしてフラワースタンドに並べると途端に「花壇」になったから不思議だ。プリ村さんには悪いことをした。しんなりしてしまった花は急いで全てハサミで取り払ったから涼しげな姿になったけど、葉っぱは元気そのものだから根は無事らしい。大きく咲いていた花の下に待機していた小さな蕾たちが新しく咲き誇ってくれる日も遠くはなさそう。

f:id:hitsujioclock:20170225202822j:plain

 しかし3球植えの芽出し球根(チューリップ)はこれ果たして生きてるのかどうなのか、ちょっとずつ伸びてるようではあるんだけどチューリップってこんなにゆっくり生長するものなんだろうか。球根を買ったホームセンターに先日行って見てみたらこのポットと同期のポットの芽出し球根は早くもつぼみをつけていた。うちが寒すぎるのか。

 ゼラニウムはこのところぽかぽかの陽気なのでやっぱり昼間は戸外で過ごして貰うことにした。うちに迎えた当初は葉が数枚しんなりしていたし(取り除いた)黄ばんでる葉も枯れてる葉もあったし(取り除いた)開花済みの花は寒さでべろんべろんに弱ってたから(摘除済み)果たしてどうなるのか心配だったけれど、どうやら少しずつ元気になりつつある模様。花もちょこちょこ咲き始めた。

f:id:hitsujioclock:20170225203449j:plain

 水やりは冬は十日に一回、あるいはそれより少ないくらいでもいいらしいとのことだったので次は早くとも三月に入るまでやらないつもりだったけれど、昨日見たら葉がしんなりしてたから水をあげたら凄い勢いでピンシャンと回復して、水をあげた二時間後にはもうどの葉っぱがしなびてたんだったかわからなくなった。ゼラニウムは強い。

春遠し

植物

 雪が降ったあと近所を歩くと猫の散歩コースがありありと視認できる。

f:id:hitsujioclock:20170221170403j:plain

 よく見るとまったく同じ場所を二種類の肉球が踏んで歩いている。スパイ猫がターゲット猫を跡を残さないように尾行したのか。はたまた『動物のお医者さん』の菱沼さんに恋をしていた純情少年みたいなストーカー猫がこの近所に住んでいるのか。

 いずれにしても、まだまだこういう気候なのでゼラニウムを戸外で管理するのはすっぱり諦めた。四月くらいまでは室内で管理するしか無い。

 部屋の中に花があれば一歩も外に出ないでお花見ができるんだから私としては大歓迎なのだけど、ならどうして「しか無い」と消極的な語尾になっているかと言うと家人が植物恐怖症だから。葉モノはまだマシなのだけど(それでも怖いことは怖いらしい)、花を不意打ちで「ほら」と見せると「ひいっ」と本気で怯える。気の毒だから出来ることならベランダで管理したかった。

 でも近所の散歩コースに点在する先輩ゼラニウマー宅は一人残らずゼラニウムを屋内で世話している模様。プリムラやパンジーはどんな大雪の日でも外に出しっ放しになっているのにゼラニウムは深窓の令嬢扱い。どの鉢も我が家のゼラニウムよりずっと葉の色も良くて頑丈そう。そんな個体であってもこの季節のこの地方の屋外には出せないと先輩がたは判断しているのだから、新参者の私としては素直に先達の叡智に学ぶのみ。

https://www.instagram.com/p/BQwufWohglW/

ゼラニウムには春本番まで室内に居てもらうことにした。つぼみが明日には咲きそう。#s7000 #nikon #flowerstagram #geranium #ゼラニウム #園芸

 我が家で一番日当たりの良い居間の家具をちょっと動かしてゼラニウムの居場所を作った。家人に悪いから居住空間である居間に置くのは昼間だけにして、夜は家人が帰ってくる前に玄関に引っ込んでもらおう。間男かくまってるみたいだ。

ゾナル系

https://www.instagram.com/p/BQpelnKhlD1/

またまた花を買ってしまった。春まではこれ以上増やさないつもりだったのに。あんまり天気が良かったしネコにも会えて嬉しかったからつい(などと供述しており) #ゼラニウム #geranium #ゾナル #鉢植え #園芸部 #flowerstagram

三月までは買わない」と言った舌の根も乾かないうちから。長い話を短くすると、値札をひとケタ見間違えた。「1280円」とでっかくはっきり書いてくれてあれば手にも取らなかっただろうに。くねくねした丸文字で「128oyen」と書いてあったもんだから「へえ安い。色もシャケみたいで可愛いじゃん。わーい」と気軽にレジまで連れて行ってしまった。正規の値段を知って青ざめた。でもその時にはもうすっかり情が移ってしまっていて、血の涙を流し「この子はうちの子です!」と叫んで大枚はたいたという次第。岩波文庫の『西行全歌集』今月こそ買うつもりだったけどあきらめた。

 

 1280円もしたくせにラベルには「ゾナル・ゼラニウム」としか書かれていなくてそれ以上の詳しい素性がまるでわからない。なんだか『からくりサーカス』を思い出す名前だ。「pac」とも書いてあって、調べたところこれは苗を開発したドイツの会社の名前なんだとか。まあ何はともあれ、だいぶ心臓に悪かったけど、ドイツからはるばる我が家へようこそ。

そろそろ新しく春の花を何か

植物

ベランダに迎えたい。手入れが簡単で虫がつきにくくて安くて綺麗であんまり大きくならないのがいい。色々検討した末に「第一希望:ゼラニウム」と心を決めてホームセンターの園芸コーナーへ。

 で、一時間あまりああだこうだ悩んだ挙げ句なにも買わず帰宅した。ゼラニウム、売ってないことは無かったのだけど「ホワイトtoローズ」という洒落た名前のお高い品種(千円弱)しか入荷しておらず脳内議論が紛糾した。ゼラニウムと言えば耐寒性が比較的高いはず、ではあるけれど品種によっては弱いとか読んだような。ここ松本市の二月中旬の最低気温はマイナス五度六度が当り前。聞いたこと無い名前のこのゼラニウム、果たしてその寒さに耐えてくれるのか。そもそもピンクの花はそんな好きじゃないんじゃないのか。ゼラニウムならなんでもいいのか。そんなことより価格が高すぎはしないか。ゼラニウムのくせに。ゼラニウムのくせにとは何だ。

 脳内会議が収拾つかなくなってきたので一旦判断は保留、ということにして帰宅して検索(ガラホ使いなので出先ではネットできない)したところホワイトtoローズは「寒さにはやや弱く」やっぱり。うちにはサンルームなんて無いし、お迎えするとしたら三月以降という結論に。三月になったらなったでその頃には他にもいろいろ育ててみたい植物が入荷されてそうだけど、その時はその時でまたたっぷり楽しく悩めばいい。ミニバラとかポットガーベラとか、ハーブなんかも興味ある。

https://www.instagram.com/p/BQm0KfDhuEG/

風が強いので今日は室内で管理。チューリップの芽の口がちょっとだけ開いた。イルカみたいだ。#s7000 #tulips #nikon #チューリップ #園芸部