読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の時刻

荻サカエの雑文置き場です。

Nikon S7000を連れて松本を散歩。

雑記

 ちょうど折も折、今日と明日は神社でお祭りなんだそうで町のあちこちで御神輿がスタンバイしてた。御神輿、と書いたけれど、正確にはこれは御神輿ではなく全国的には「山車」もしくは「山鉾」と呼ばれるものであって、松本では「舞台」と呼ぶそう。なにがなんだか。とにかくきれいだ。

f:id:hitsujioclock:20160724220407j:plain

 

 山車、じゃなかった舞台には明治時代に作られたと言うお人形がパイルダーオンしてる。

f:id:hitsujioclock:20160724220620j:plain

 S7000、まだ操作がぜんぜん分かってないからとにかくすべてをカメラ任せにして撮ったのだけど、それでこの写り。これがNikonの技術力か。

f:id:hitsujioclock:20160724221135j:plain

「あ、撮ろう」と思った瞬間ケースからさっと出してぱっと電源入れてちゃっと撮って、それだけなのにこの写り。もう私なんて要らないじゃないか、カメラひとりで散歩して来ればいいじゃないかと拗ねたくなる。

 お祭りなので提灯もあちらこちらに揺れていた。これはちょっと変わり種、謡曲《井筒》の絵が描いてある提灯。

f:id:hitsujioclock:20160724221407j:plain

 

 バッグ工房の店先にも舞台が二台停まってた。

f:id:hitsujioclock:20160724221653j:plain

 左に停まっていた舞台には凜々しい人形。

f:id:hitsujioclock:20160724221745j:plain

 右の舞台には雅な人形。

f:id:hitsujioclock:20160724221848j:plain

 そして見よ、光学20倍ズームレンズの、

f:id:hitsujioclock:20160724221956j:plain

  威力を!