読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の時刻

荻サカエの雑文置き場です。

松本うまいものセレクション・2016年夏。

 しばらく更新しないでいると更新するにあたっての心理的ハードルがどんどん高くなる。単なる日記なんだから四の五の考えてないでちょこちょこ日々書き連ねてゆきたい。ささやかすぎて個人的すぎてどうでもいいようなことのほうが後々読み返すと面白かったりするし。というわけで、この夏松本で食べたうまいものたちの個人的記録。

f:id:hitsujioclock:20160903095302j:plain

(1)駅前のパン屋さん『ムラタ』のクリームパン。

 ムラタのパンは安い・美味い・でかいの三拍子揃ってて泣ける。観てないけれど映画『orange』に登場するパン達はここ出身のパンなんだとか。

 

f:id:hitsujioclock:20160903100035j:plain

 松本で一番古いパン屋さんだと店内に掲示してあるだけあって、店構えも風情たっぷりで良い。ここのパンを知ってしまうとコンビニではもう買えない。

 

(2)馬刺し。

 信州松本は昔から馬食文化が盛んなんだそうで、美味しくてしかもリーズナブルな馬肉屋さんがよりどりみどりで嬉しい。

f:id:hitsujioclock:20160903100627j:plain

 

(3)川魚の塩焼き。

 スーパーで売ってた(しかも半額シールが貼られてた)ニジマスの塩焼きをたいして期待しないで買って帰ってチンして食べたら立派に美味しかった。川魚って小さいくせに高くて生意気だと思っていたけど、松本に来てその美味しさに目覚めた。なんでこんなに美味しいんだろう、やっぱり水が違うのか。

f:id:hitsujioclock:20160903101356j:plain

 別の日にイワナの塩焼もスーパーのやつを買って食べたらそれはそれは美味しかったのだけど、撮る余裕も無くがっついてしまったため写真は残ってない。下の写真は飲み屋さんで食べたイワナの塩焼。皮と身の間に香ばしい美味しさが凝縮されてた。

f:id:hitsujioclock:20160903101742j:plain

 

(4)おろし蕎麦。

 松本に来てすぐの頃に食べた天ぷらそばが美味しかったから、また食べたいなあと思って今度は別のお蕎麦屋さんに入ったらその日は天ぷらやってなかった。ので、やや不本意におろし蕎麦(温)を頼んだのだけど、夏にはこれで大正解だった。季節感大事。

f:id:hitsujioclock:20160903102058j:plain

 早く食べたい気持ちが強すぎたせいで写真がブレブレのボケボケ。前菜の瓜のお漬け物も美味しかった。瓜も松本の名産品なんだそう。

f:id:hitsujioclock:20160903102348j:plain

 

(5)マサムラのベビーシュー。

 1個124円のプチプライスが嬉しい。一見ちょっと小さすぎる気がするけれどそれは素人の浅はかさと言うもので、マサムラのシュークリームは中の空洞めいっぱいにクリームが溢れんばかりに詰まっているからこの大きさで大満足できる。これより大きいシュークリームも売ってるけれど、そっちはクリームの量が盛大すぎて食べ進むうちにクリームの大海で溺れてるような心境になった。クリームの海で溺れてみたい人には大きいほうをお薦めする。

f:id:hitsujioclock:20160903102912j:plain

 

(6)蕗の花の醤油漬け。

 スーパーにお手頃サイズの瓶詰めがお手頃価格で並んでたので試しに買ったところ大当たり。以前「ふきのとう味噌」というのを買って食べた時は若干味が濃くてだいぶ残したまま干からびさせてしまったけど、この醤油漬けはさっぱり爽やかで食べやすい。リピート買い決定。

f:id:hitsujioclock:20160903103357j:plain

 

《おまけ》

 夏の終わりの女鳥羽川。

f:id:hitsujioclock:20160903103805j:plain