読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の時刻

荻サカエの雑文置き場です。

タツミ亭(松本市)のオムライス。

 昨日の昼食。ランチタイムだったからサラダとデザートのセットを頼むこともできたけど、サラダよりコーンスープが欲しかったので単品で注文。700円。

f:id:hitsujioclock:20160904180935j:plain

 運ばれた来た瞬間(これは重たそうかも。持て余すかも)とびびったものの、ひとくちスプーンですくってみると外周に配置されたハヤシがしっかり味なぶん中身のバターライスはふわっと軽く調味してあって絶妙の塩梅。ぱくぱく食べられた。メニューにはどの料理にも「昔ながらの洋食の味」と書いてあったけど、このオムライスはかぶせてある卵は今どきのトロトロ半熟だし(おいしい)中のごはんも赤くないし(軽やかさっぱり)、適度に今どき風味も取り入れてるみたいだ。他のメニューも食べたいからまた行こう。

f:id:hitsujioclock:20160904181404j:plain

 店内の様子はステンドグラスのせいもあってか、懐かしの町田の『プリンス』にほのかに似てる。甲冑は飾られてないけど。プリンスは私がたまたま初めて出かけたその二日後だったか三日後だったかにいきなり閉店してしまっていたと最近知って*1ショックだった。タツミ亭には末永く在り続けてもらいたいからまた行く。

 

《おまけ》

 閉店間際の町田『プリンス』にて。もう一度行きたかった。

f:id:hitsujioclock:20160904182012j:plain

 

 こうして見比べてみるとそんなには似てもいないか。かっ飛び具合が段違いだ。

f:id:hitsujioclock:20160904182323j:plain

 たった一度でも行けてよかった。

f:id:hitsujioclock:20160904183226j:plain

 

*1:いま画像データ調べたところ、私が行ったのは2014年1月23日。閉店は1月26日。ほんとに滑り込みぎりぎりだった。