読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の時刻

荻サカエの雑文置き場です。

博文館の当用日記2017購入。

書き物 雑記

 2016年は携帯用には『ちくま文庫手帳2016』、たっぷり書く用に『ほぼ日手帳2016』、さらにたっぷり書くときには無地のモレスキンポケットの三刀流態勢でそれなりに使いやすかった。けれど「それなり」では満足できない、満足したくないのが手帳病患者のサガと言うもの。さて来年はどうするか。
『ほぼ日』は今年初めて使ってみてそれなりに良さもあると思ったけれど、

  • 「お言葉」にどうしても馴染めない
  • 巻末のおまけも邪魔
  • 一見携帯しやすそうな文庫サイズだけど実際携帯するには分厚すぎて重たすぎる
  • 2017年版のカバーのラインナップに欲しいデザインが無い(MOTHER2のカバーは2015年のonettが今思えば一番可愛かった。高くて買わなかったけど。それに私はMOTHERは断然初代が好きなのに何故2ばかりグッズが出るのか。サントラだって初代こそ神なのに)

 などの理由から来年は使わないことにした。で、じゃあ携帯用は今年に引き続き『ちくま文庫手帳』でいいとして、こたつで書く用の日記帳はどこの何にしよう。

  • EDiTの一日一ページ、B7変形版:ゴムバンド付きで軽くて小さくて使いやすそう。ではあったけれど、1800円+税という価格にやや怯む。デザインが百店満点で気に入ったと言うわけでもないし、それに携帯性に関しては『ちくま文庫手帳』とMoleskine pocket(プレーン)に任せてるから(旅行の時とか、だいぶたくさん書くのが分かっている場合にはマルマンのクロッキー帳も併用)日記帳はそこまで小さく軽くなくてもいい。というわけで、今回は見送り。
  • 新潮文庫マイブック:安くて軽くて無地。無地なのは大変すばらしい。ページの開き具合も発売当時に比べたら格段に改善された。けれども、万年筆で書くとどうしようもなく裏抜けするのでこれも日記帳としてはアウト。でもボールペンや色鉛筆で日付を無視して落書きするには絶好のノート。なので2016年版の空きページを全部使い切ったら2017年版も買うつもり。
  • Moleskine Daily Diary:高い。しかも罫線が邪魔。一日一ページ仕様のMoleskineで唯一罫線が入っていなかったXSサイズは一度使ってみたかったのだけどどうやら廃盤になった模様。ご縁が無かったと思うしか無い。

 

 で、たどり着いた結論はこの一冊。

f:id:hitsujioclock:20161207192111j:plain

 青のハードカバーに燦然と輝く金のニワトリ。渋すぎるデザインと「1,660円+税 価格据置!」という心意気に惚れた。博文館と言えば内田百間が若い頃に随筆を投稿していた宛先でもあることだし、そう思えば積極的にどんな小さなことでも書いておく気になれそう。