読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の時刻

荻サカエの雑文置き場です。

春遠し

 雪が降ったあと近所を歩くと猫の散歩コースがありありと視認できる。

f:id:hitsujioclock:20170221170403j:plain

 よく見るとまったく同じ場所を二種類の肉球が踏んで歩いている。スパイ猫がターゲット猫を跡を残さないように尾行したのか。はたまた『動物のお医者さん』の菱沼さんに恋をしていた純情少年みたいなストーカー猫がこの近所に住んでいるのか。

 いずれにしても、まだまだこういう気候なのでゼラニウムを戸外で管理するのはすっぱり諦めた。四月くらいまでは室内で管理するしか無い。

 部屋の中に花があれば一歩も外に出ないでお花見ができるんだから私としては大歓迎なのだけど、ならどうして「しか無い」と消極的な語尾になっているかと言うと家人が植物恐怖症だから。葉モノはまだマシなのだけど(それでも怖いことは怖いらしい)、花を不意打ちで「ほら」と見せると「ひいっ」と本気で怯える。気の毒だから出来ることならベランダで管理したかった。

 でも近所の散歩コースに点在する先輩ゼラニウマー宅は一人残らずゼラニウムを屋内で世話している模様。プリムラやパンジーはどんな大雪の日でも外に出しっ放しになっているのにゼラニウムは深窓の令嬢扱い。どの鉢も我が家のゼラニウムよりずっと葉の色も良くて頑丈そう。そんな個体であってもこの季節のこの地方の屋外には出せないと先輩がたは判断しているのだから、新参者の私としては素直に先達の叡智に学ぶのみ。

https://www.instagram.com/p/BQwufWohglW/

ゼラニウムには春本番まで室内に居てもらうことにした。つぼみが明日には咲きそう。#s7000 #nikon #flowerstagram #geranium #ゼラニウム #園芸

 我が家で一番日当たりの良い居間の家具をちょっと動かしてゼラニウムの居場所を作った。家人に悪いから居住空間である居間に置くのは昼間だけにして、夜は家人が帰ってくる前に玄関に引っ込んでもらおう。間男かくまってるみたいだ。